Pocket

S0011076一時テレビで放映されて話題になった「納豆ダイエット」ですが、私ももちろん例に漏れずチャレンジしてみた一人です。このテレビの反響があまりにも大きくて、一時はどのスーパーの店頭からも納豆が消えてしまったそうですね。ダイエット目的ではないのに毎日食べる人にとっては、迷惑極まりない出来事だったらしいです。

さて、この納豆ダイエットのやり方ですが、毎朝納豆を食べるだけで痩せられる、というダイエッターにとってはとても魅力的なものでした。ただ納豆の作り方(混ぜ方)にだけコツがあって、そこさえ押さえておけば誰でも効果が出るというものだったのです。

その食べ方とは、いつも通り普通にたれとカラシを納豆に入れて混ぜ、その状態で20分置いてから食べる、というものでした。なんでもこの「20分」という時間が大切で、置いておくことによって痩せる成分が増えていくとのことだったんです。

当時私は仕事をしていて、朝は早く出かける日が多かったんです。朝の20分って結構貴重じゃないですか。それでも「痩せるため!ダイエットのため!」などと思い、毎日欠かさず実行しました。ダイエットのやり方自体は、特に食事制限があるとか運動をしないといけないというものではありません。なのでただ朝食に納豆を食べる、という習慣を付け加えるだけでできる方法だったので、努力や我慢なしに取り組めました。

ダイエット中の私の朝のスケジュールは、朝起きて最低限の身支度だけを済ませ、それから納豆を混ぜてから続きの身支度をする、というものでした。特段変わったことやつらいことは全くないですよね。

ですからこの納豆ダイエットは、3日坊主の私にしてはめずらしく1か月以上も続けることができたのです。

しかし肝心の体重はといえば、一向に減る気配がありません。体重は減らなくても、ウエストのサイズなどはどうかな?なんて思って測ってみても、こちらもまったくもって変わっていません。1か月以上もダイエットを続けているのに、全然痩せないなんておかしすぎる!!と思いました。だんだんこの納豆ダイエットに対して、疑心暗鬼が生じてきたんですよね。

それでも「もう1か月だけ」と思い、半信半疑ながらも2か月間は続けました。しかしそれでもまったく痩せません。ダイエット効果をまったく感じることができませんでした。さすがに騙された気分になって、私はこの納豆ダイエットをやめてしまいました。2か月も続けて、ダイエット効果や体重の変化はプラマイ0です。。。

「店頭から納豆が消える」という社会現象まで起こした納豆ダイエットでしたが、後々になって、このダイエットには根拠がないということがテレビで報道されました。とてもがっかりしましたが、私のダイエットが間違っていたわけではなかったので、そこだけは救いでした。

やはり「この食べ物を食べさえすれば痩せるということは、無理なのかもしれないな…」と思い始めた出来事でした。