Pocket

りんご昔流行った「リンゴダイエット」ですが、私も当時ブームに乗って(?)頑張ってみたことがあります。このダイエットの魅力的なところは、3日間という期間の短さと、リンゴならいくつ食べてもOK!というお手軽さでした。

またリンゴには整腸作用もあるので、お腹をきれいに整えて体重も落とす、という効果がとっても魅力的に思えました。便秘に悩んでいた私は、まさに一石二鳥のダイエット方法を見つけたと思ったんです。

また私はりんごが大好きなので、「3日間なら短いし、飽き性の私でもなんとか頑張れそうな日数だなあ」と思ってダイエットを始める決意をしました。スーパーでリンゴを買い込み、3連休の時を狙って、3日間リンゴダイエットの準備を始めたわけです。

まずは1日目の朝に、りんごを1つ食べました。いくら「いくつ食べてもいい」と言われても、朝からそんなにたくさんのりんごは食べられません。1つ食べるだけで十分満足でき、午前中を過ごしました。途中でお腹はすいてきましたが、これは普通に朝ごはんを食べたとしても同じことなので、気にしませんでした。

お昼ご飯には、りんごを2つ食べました。やはり午前中にかなりお腹がすいていたので、がっつりと2つ食べられたんですよね。りんごばかりの食事なので少々物足りなさはありましたが、「これもダイエットのため!」と思って我慢したんです。

晩ごはんにも、またりんごのみです。さすがにだんだんきつくは感じてきましたが、「3日間だけ我慢すればいいいんだから…」と奮起し、りんごを2つ食べました。それでも満足感は得られませんでしたが、とにかくその日は起きていてもお腹がすくだけなので、早く寝ました。

2日目の朝起きたときに、体が若干軽くなっているように感じました。体重は測りませんでしたが、前日の食事はりんご合計5つのみですから、まあ当然ですよね。朝ごはんにりんごを1つ食べて、気を紛らわすために散歩に行って午前中を過ごしました。

散歩に行くとよく歩いたからか、とてもお腹が減りました。しかしお昼ご飯もまた、りんごのみです。今日の晩ごはんもりんごのみ、そして明日もまだ丸一日りんごしか食べられない…。

そう思うとかなりの我慢を強いられましたが、でもここでやめるわけにはいかない!と強い気持ちでなんとか踏ん張り、りんごを2つ食べました。しかし相変わらずお腹はへったままでした。

晩ごはんの時間になるまで、私はもう食べ物のことばかり考えていたように思います。3日間って数字的に見れば短いですけど、我慢を続ける期間としてはかなり長く感じます。

結果、私はたった1日半でこのリンゴダイエットを挫折しました。始める前の意気揚々とした気分はどこへやら…、一転我慢ばかりのつらいダイエットの経験です。よほどの強い意志と根性がない限り、ひたすら我慢が続く単品ダイエットは難しいな…と改めて感じたダイエット体験でした。